私は高校生の時にニキビですごく悩んでいました。肌が荒れて仕方がなかったのです。食事療法とか生活のリズムを正すなどをしてみましたが、あまり効果がありませんでしたね。そうなので治らないのかなあと悩んでしまいました。なんでニキビってできるのでしょうね。体のほかの部分にはほとんどできないのに不思議です。顔も肌の一種でありますから、腕とか足の部分と同じなんじゃないかなあと思うのですがそうでもないようですね。

この違いはなんなのかを考えてみると、やはり集中しているかそうでないかだと思います。顔の方が重要であると自分で考えて神経質になってしまっているのかもしれません。自意識過剰というものですね。ニキビができないかどうかを気にするあまり、過剰にケアをしてしまっているかもしれません。その結果、ニキビが悪化してしまうのかもしれませんね。触らないで刺激を与えないようにすればいいのですが、私の場合は毎日のように鏡を見てそれを触ってしまいました。それが良くなかったのだと思います。

悩んだ挙句に皮膚科の先生に相談をして、薬をもらったらかなり症状は良くなりました。しかし、ニキビ跡が多く残ってしまったので今度はそれが気になるのです。そのうち治ると思うのですが、まだまだ時間はかかりそうですね。

参考にしているサイトはニキビが治る洗顔ランキングです。
ここである程度、効き目がある洗顔をみつけることができるので、今はここを参考にニキビケアを買うようにしています。

これからの予定を大まかに整理します。明日のお笑いパフォーマンスのために、いろいろ練習したいと思います。

公園で格闘家のモノマネや、セリフリハーサルをします。なおかつ公園で良い運動ができると思います。

明日は、自転車で格闘家のモノマネのための衣装を持参して玉島に行き、みんなと合流します。

あさってからの予定ですが、25には、お金を出して翌日の名古屋遠征に備えます。できたら 名古屋るるぶを笠岡ブックマーケットで買っておきたいです。

名古屋に行くために必要なものを再確認して、きらりんさんなどに渡す絵のお土産とか忘れません。

スマホの電源忘れません。バラのサプリとかも忘れません。洗顔フォームとか528hzチューナーとかポータブルCDも持参した方が良いです。

タオルも二枚以上持参して、かなりたくさんの荷物ですが仕方ないです。

名古屋城も楽しみたいし、名古屋グルメも、るるぶをみてからいろいろと判断します。

なんだったら本日は るるぶをみてからの、マクドナルドで研究しても良いかなと思います。

そのあとは31日のハレピカライブに向けてダンスも練習します。今度こそフライングゲットも踊らないといけません。

2月はいきなりのお見合いパーティー頑張ります。絶対全てにおいて勝ちます。

今日は雨で暇だったからたまってたドラマをたくさん見ましたー!

ドクターズは今回もおもしろいー!沢村一樹だいすきー??どんどんはまっていきます!結果どうなるんだろうって毎回ワクワクして見れるから好きです?
学校のカイダンも割とツボです。なにしろ神木さんの傍若無人ぶりがファンにはたまりません。私も罵られたいです。内容も割と面白くて、花より男子をちょっと暗くした感じで、交渉術とかそういうのも含んでて見てると少しお勉強になってるのか頭良くなった感じがします。

杏ちゃんのデートもおもしろくってこれからどんどんはまっていきそうな予感がします。なんか理系女子ってのが極端だけどその設定もおもしろいし、なんで頭に花つけてるのか謎だし、これからどんな展開するんだろうってワクワクしちゃいます。そして、意外と役にはまっててウケる。なんか杏ちゃんって変わった役ばっかな気がする。妖怪とか、変な銀行員とか、今回のとかも。かわいいからなんでもできるんだろうなぁうらやましいっ!

でも、今期のヒットは残念な夫です。まさに今の私の状況そのものだから。ほんと、パパにもあのドラマみせてあげたいです。少しは反省したり考えたりしてくれるかもという期待を込めて。
あぁ、テレビ見すぎて目が痛い。

最近、私が住んでいる鳥取県では若手の音楽アーティストが動画配信やライブを積極的に行っています。

とくに学生から社会人になってからでも関係を持ち続け、会社勤めと並行して音楽活動をしている人をよく見ます。

とくにカナディアンズ・レコードという団体が地方のCMソングに起用されたり、全国各地へ遠征に行っていたりと活動が活発です。

それらに刺激を受けて学生の音楽サークルから部外へと活動を広げるバンドが増えてきました。私は学生時代に音楽に触れ、ドラムとボーカルを主なパートとして活動していましたが、就職とともに距離を置いていました。

しかし、近くに積極的な活動をみせるバンドがいれば、楽しんでみたいというのもあってこそこそとこつこつと現在作曲に励んでいます。

一人でしていると時間はかかりますが、マイペースに焦らず一歩ずつの前進で取り組んでいます。

とりあえず、今はライブには出ずに、仕事のない空いた時間で曲のフレーズや構成、ギターの練習、歌詞をひねり出す毎日です。

後輩たちはすでにオリジナルのバンドを組み、社会人になっても定期的にライブ活動や映像制作をおこなっていてすごいなぁと思うのですが、私も音楽が好きなので、周辺にも刺激を受けながら、まずは趣味の範疇としてでも取り組めたらいいなと思いました。

家の近くに公園があることと、庭にも葉っぱが落ちる木があるので落ち葉の季節は大変です。
毎日のように掃除をしないとすぐに落ち葉がたまります。

ほっといてもいいか、と思うこともあったりしますが近所にはいつもきれいに掃除しているところもあり、なんとなく気になります。
まわりがきれいにしていたら、自分のところだけ落ち葉がいっぱいたまっているというのは目立ちますからね。
それと、案外落ち葉は危ないんです。
うっかりすると足がすべったりすることもあります。

数年前に近所の高齢の方が落ち葉を踏んで滑って転んで怪我をしたという話を聞いたことがあるのです。
自分が怪我をしたなら「ドジだなあ。」ですむのですが、それが他人ならやっぱり気になります。

気がついてしまったら、無視することが難しいなと思うのです。
なのでやっぱり掃除することになります。

ところが今日すっかりきれいにしたなと思っても数時間後にはもうまた落ち葉がたまっていたりします。
なんだかせっかくの努力が無駄になったようでがっかりするのです。

夫などは「落ち葉くらい自然のものなんだからほっとけ。」といいます。
でも気になるんですよね。
ご近所さんはきれいにされているわけですから。

自己満足にしかならないかもしれませんが、せめて2日に一回くらいは掃除しようかなと思っています。

今総選挙のニュースの陰に隠れて目立ちませんが先日のアメリカの格付け会社の日本国債の格付けの引き下げに続いて、欧州系の格付け会社も日本国債の格付けを引下げました。
中国や韓国の国債より信用度が低くなってしまったのです。その理由は両方の格付け会社も日本の行政改革や財政改革の遅れからくる財政悪化を上げています。
さらに消費税の残り2%の実施延期に失望しているようです。その影響を受けて円が売られドルが買われ、円安が進行し株が乱高下しています。
与党は選挙に勝つために消費税の延期を決めました。公務員の賃上げ凍結も解除され今年は給与も上がりボーナスも上がるそうです。
これでは行政改革や財政改革は無理でしょう。農協改革も多分期待できそうもありません。

安倍総理は一生懸命にやっているのは私のような政治や経済に疎い人間にもわかります。
しかし選挙のためにあるいは自分の勢力を維持するために国民に甘いことをいうことはもう許されないところまで日本の国は来ているのではないでしょうか。
多くの国民は、総理が国民に向かって改革の必要性を説明すればわかってくれると思うのです。
一部の既得権者や考えが古いイデオロギーで固まってしまっている勢力は相手にせず思い切って行政改革、財政改革をしなければ将来の日本は3等国になってしまいます。
安倍総理に期待するところ大いにありです。

STAP細胞の報道は、やっぱりか~って感じでしたね。
小保方さんがいて…というか著者がいて有無を確かめられないなんてどう考えてもおかしいですよね。
論文の発表はもう10カ月も前なのか…。
一体今までの騒ぎは何だったのでしょうか。
今後ご本人の会見はあるのでしょうか。気になるところです。
あとやっぱり天気が気になりますね。
北海道で雪によって立ち往生してしまった男性が亡くなってしまったそうです。
私の住む地域では雪はほとんど降っていないので、雪の恐ろしさは
こういった報道でしか伝わりませんが…
本当に人間は自然には敵いませんね。
海外のニュースだとナッツリターン問題は日本でも報道はまだ続きそうですよ。
事実がポロポロと出てきますものね。
ナッツを袋で出されただけでここまで事件になるとは本当にびっくりです。
韓国政府は大韓航空に運転停止を命じるらしいですけど事実でしょうか。
そうなってしまうと、困ってしまう日本人もたくさん出てきちゃいます。
利用者にもうちょっと配慮してもいいんじゃないかなぁ、というのが私の感想です。
元々大韓空港の評判は悪くないらしいので、そこまでしなくても
今後しっかり指導していけば問題ないのでは?
そこまで重大な事件でも事故でもないと思いますし…。

今この人口5万人くらいの地域は武水別神社の年1回の大祭で朝早くから打ち上げ花火が間断なく打ち上げられています。
この祭りは5日間にわたって毎年12月に行われ1000年の歴史があると言われているこの地域最大のお祭りです。
通称「大頭祭」と言われ各地域の氏子から選ばれた人5人が日替わりで1日だけ「頭殿」という神様になりお参りに来た人たちに崇め奉られるという奇祭です。
昔は「頭殿」に選ばれるのは地域の名家の人たちがしていたそうですが、戦後あまりにお金がそのお宅にかかることから希望者がいなくなり、
昔の各村が20ケ村位あり順番に「頭殿」を出しその費用は旧各村の負担として「頭殿」を引き受けたお宅にはご迷惑をおかけしないということで今は行われています。

お祭りは昔ほどではありませんがそれでもにぎやかで露天も30店位出ます。参拝者にはお菓子を配ります。またお稚児行列などが行われます。
私が子供の頃はそれはにぎやかでしたが今はそれには及びません。
明治の社寺仏閣の分離により江戸時代までは境内にお寺もありどちらかというとお寺の方が勢力が強かったそうですが、お寺は取り壊されました。
日本中で貴重な社寺仏閣やお城が明治の初めに政府の方針で解体されましたがひどいことをしたものです。貴重な文化財が滅失してしまいました。
残念なことです。このようなお祭りも維持していくのは関係者にとって大変なことだと思います。でもご苦労でも継続をお願いしたいものです。

今一年生の下の子が読書感想画の画用紙を持って帰ってきました。
これ上の子が一年生の時もやって、とても大変だったことを思い出されます。
二人の違いは上は読書大好き、想像力が豊かな事。ただイメージがありすぎて絵が中々決まりませんでした。でも親子共々満足行く絵に仕上がりました。
問題は下の子。読書は嫌い絵も集中力があまりないので好きですが最後まで出来るか疑問。
そして細かく書くので進まないという欠点があります。
さて本を選ぶ時点で、迷う迷う。まず活字ばかりを最初選んできて、まず読み切れないと却下。
絵ばかりの物を選んできて却下と中々決まりません。
感想画の決まりとして、挿絵と同じ絵は書いてはいけないとなっているので3冊ほどピックアップして図書館で借りました。
ついでに上の子も自分の読みたい本を借りてきて読書タイム。
上の子は集中して読んでいますが、下は中々進まず・・・
なんとか読み終えて、さて下書きを・・・となって案の定細かくてとても色が塗れない。
「もう少し大きめに書かないと塗れないよ?」というと「だってぇ、ゴニョゴニュ」と文句を言っていたので、ちょっと自分の好きなようにかかせました。
仕上がったものを見ると、絵の具で塗るって言ってたのに塗れるの?ってほど細かい。
いざ色塗りになって、順調に塗れたのは最初だけ。途中から半泣きでした。
顔が一円玉より小さいのにそこに絵の具で目や口を書くなど、私にも出来ません。
仕方ないちょっと手助けを、と思い「クレヨンで線をなぞってから色塗りな?」
とアドバイス。さっそく実行してなんとか終わらせました。
顔はどうしたかというと・・・クレヨンで描いちゃいました。
満足げに学校にもっていったので良しとしました。
最後に一言。「感想画は大変だから、感想文にして・・」
と親のエゴを伝えてしまった。

あけましておめでとうございます。
私は新年を迎えて2日に何をしていたかと言うと、一人で初詣に行って参りました。
初詣自体はこのところ数年間、全く行かなかった気がするので何だか新鮮な気持ちです。

今回私が向かった場所は高尾山になります。
行きは中央線を使ったのですが、高校時代に通学で利用して以来ほとんど乗る機会が無かったので久しぶりな気持ちでした。
肝心の高尾山へは高尾駅で一旦京王線に乗り換え、高尾山口駅まで行かないといけないのが個人的には少し煩わしくて不便に感じました。
(高校時代は東小金井までしか乗ったことがないので)
ですが、後々の行動を振り返ると高尾駅から徒歩で向かおうなどと考えなくて正解でした…

高尾山の入口まで来た私は、例の有名なケーブルカーとリフトの駅があるのを目の当りにします。
勿論ここで乗ってしまえば山頂まで行くのは楽ですが、私はあえて徒歩を選びました。
というのも、最近身内にも指摘されるほど微妙に太ってきた事が気になっていたので、少しでも運動をしなければ!と思い立ったのです。

結論から言うと…この試みは失敗でした。
何しろ、私が想像していた以上に坂道がきつかったのです。
それだけなら良いのですが、今度は日の光が思うように差し込まないので街中よりも寒さがひどいものがありました。
上着を含め5枚も着込んだとしても、外気に触れる顔で感じる寒さはとても耐えられるものではありません…
「早くこの寒さから逃げたい!」と焦る気持ちから早足で駆け上ろうとしたので、余計に疲れるものがありました。
もし、直前で高尾駅から高尾山まで徒歩で向かっていたら、確実に体力が持たなかったかも知れないとしみじみ思います。

ともあれ、結果的に私は山頂まで無事に登りきることが出来ました。
東京湾まで見える遠景を程々に楽しみ、マイペースに下山しつつ途中の神社で初詣を済ませたり、自分と家族用のお守りを買ったりしました。
(登山中に立ち寄っても良かったのですが、その時は買う精神的余裕がありませんでした)
ちなみに何の願い事をしたのかと言うと…身の丈に合った仕事に就けますように、です。

何だかんだで達成感もあった初詣になりましたが、いかなる時でも山を侮ってはいけないな、と改めて思い知らされました。
本当は季節によって感じ方が違うのかも知れませんが、皆さんも高尾山に行く時は直に登るか、楽をするかよく考えて行きましょう!