ちょっと後味が悪かった出来事。

昨日、仕事から家に帰る途中に起こった事です。

残業で、いつもより帰宅時間が遅くなり、駅から急いで歩いている時でした。
幹線道路から一つ入った道の真ん中で、女の人が倒れていました。

それに気づいた私と、見知らぬ男性が驚いて駆け寄り、「大丈夫ですか?」と声をかけましたが、何の反応もなく、見知らぬ男性と「警察に電話しましょうか」。と話していました。

すると、急に倒れていた女の人が起き上がり、「なんで警察呼ばれなくちゃいけないの、何でも警察に言えばすむと思わないでよ」。と、大声をあげ、暴れだしました。
茫然としていると、見知らぬ男性が、「早くいきましょう、危ないですから」。と言って私を連れ出してくれました。「気をつけて帰ってくださいね」。と言ってくれ、その男性とは別れたのですが、しばらくドキドキがとまりませんでした。

昔から、「困っている人がいたら助けてあげなさい」。と両親から、教えられたのですが、私のとった行動は「よけいな事だった」。のかもしれません。道の真ん中で、車が来たら危ないと思い駆け寄ったのですが、酔っ払っている雰囲気でもなかったです。

今回の事は、たまたまだと割り切るべきたとは思います。でも、「今度、同じ様な事があったら、私はどうするだろう」。と考えさせられ、なんだか後味が悪い出来事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です